カテゴリー
Uncategorized

お金の家

社会人になると革財布を持つと言う人が多いのは、財布がお金の家であると言う自覚を持つためとも言えるのではないでしょうか。 ビジネスマンにとってお金の扱い方というのは基本的に大切な部分と言えるでしょう。財布はそのお金を守るものであり、きちんと管理すると言う意識を持つには、その財布も管理が必要な革製品である事が望ましいと言えるでしょう。しかし、今ではファッションの延長線上で革財布を購入する人も多く、若い男性などは財布をお尻のポケットに入れたり、さらに酷い人などは長財布を折り曲げてポケットに入れてしまうと言う人もいるようです。そんなことをしてしまっては財布が台無しですし、早く傷んでしまうでしょう。防犯の面からしても財布を守れない状態は財布を管理できないとも言え、とてもお金を管理できる人とは言えないでしょう。風水など信じないと言うかもしれませんが、風水以前にお金に対しての意識が低い人間と思われても仕方ないでしょう。お金に対してしっかりとした意識を持つにはやはり、それなりの財布を購入し、大切に管理する事が大切と言えるでしょう。好みもあるため二つ折り財布も悪くはないですが、やはりお札を一番丁寧に扱えるのは長財布であり、多少手間であっても、個別に小銭入れを持ち歩くようにすると良いでしょう。日々の積み重ねによって意識は改善され、ビジネスマンとしての貫禄にも繋げられるのが革財布の人気とも言えるかもしれません。財布を大事にすることは、人生においてとても重要なことだと思います。ぜひ適当なものでなく、選び抜いたお気に入りをしっかり管理できるのが望ましいのではないでしょうか。

「」サイトトップへ

カテゴリー
Uncategorized

台風と給与増と革財布

日本列島に近年に相次ぐ災害の報道は、身近に迫る環境破壊、温暖化の現実味を実感する事となり、驚異的な自然エネルギーやその力を目の当たりにするとともに、人間の存在を脅かすといった地球環境の警笛が鳴り響いているといった非日常が日常へと変化していく様を見ているようでもあります。そのように日本列島を騒がせていた台風のニュースと共に、国家公務員の給与水準を一般企業従業員の水準と均等にさせる為の、人事院勧告を受け入れる形で、国家公務員の休養の増額のニュースが配信されました。これだけの大きな災害が、各地に発生しているとなると、その復旧には、どのくらいの国家予算が注がれるのかどうかなどの心配もありますが、国家公務員全体の平均年収も気になってくるところであります。事自ニュースを配信しているサイト情報などを閲覧していますと、その平均的な給与増は、年間にして2万7千円ほどの増額、平均年収は680万円となるそうです。優秀な方々に、国の舵をお任せし、大船に安心して乗船していたい気持ちはありますが、公務員による様々な不祥事に関する報道、地球全体の環境の変化などを目の当たりにしていますと、どうしても自身の革財布の口が貝のように固く締まりつつあるのを実感しています。

「」サイトトップへ

カテゴリー
Uncategorized

メンズファッションのこだわりと人生観

メンズファッションに拘りをみせる著名人の多くが、小物使いの達人と呼ばれるような人たちであるようです。ファッションにおける小物使いと言うと、ポケットチーフ、革財布、ソックス、ベルト、ハンカチなどがあげられますが、それらの全てに気を配る事はなかなかの上級テクニックが必要ともなってしまうので、その中から、1つ、2つの小物アイテムをピックアップする中で、自分なりのこだわりをスタイルアップしていく事が、メンズファッションの構築には欠かせないアプローチであるようです。女性のファッションと比較してみると、女性は、ファストファッションなどの低価格帯のワードローブを着回ししていても、そのセンスが問われる事が多いように感じますが、男性のワードローブのセレクトは、その男性自身の人生の歩み方がそのまま反映されているように見られがちである事から、メンズファッションの小物使いは、間違ったセレクトはなるだけ控えた方が良いのではないかと考えています。身の丈よりも高価なものを持っていたり、何も考えずに安価なものを身につけていたりすると、男性の場合は極端にそのセレクトにおいて、アンバランスな雰囲気が醸し出されてしまい、結果的には社会的な信頼性や、見た目の印象を下げてしまいがちではないかと思われます。女性においては、どんな色にも染まり易いといったような雰囲気は、特に悪く感じませんが、男性が自分のスタイルをもっていないというような雰囲気を醸し出す事は、どちらかというとマイナスイメージとなってしまうのではないでしょうか。

「」サイトトップへ

カテゴリー
Uncategorized

大人の男の装い「財布選び」

大人な男性のエレガントさを表現するには、どのような革財布をセレクトするべきなのでしょうか?そんなお悩みをもった経験はありますか?財布選びでのポイントは、その素材、形、大きさ、色見などでありますが、その他にもブランド品orノンブランド品、もしくは、高級品orセール品など、様々なセレクト方法があります。何よりも、皆さん自身が身につけていて心地良いものが最適であるとは思われますが、風水的にも、流行にながされない自分らしい1品を選ぶ事が、何よりも手に入れたお財布を大事に扱う気持ちになれるのだそうです。流行や、周囲の目を気にする事で、アレやこれだと、お財布を買い替える事で、気持ちが定まらず、お金の貯蓄にも影響すると考えられているようです。皆さんには、お財布選びに拘りはあるのでしょうか?価格、素材、色見、スタイル、大きさなど、総合的に自分にぴったりの1品の財布をみるける事が出来る事こそが、大人の男の装いであると私自身は考えています。

「」サイトトップへ

カテゴリー
Uncategorized

メンズのお洒落「小物選び」

大人の男性の装いとして、小物使いへの意識が注げるようになれば、コーディネートの達人への一歩などと称されることもありますが、革財布やハンカチ、ポケットチーフなど、普段はカバンの中やポケットの中に隠れているような小物が、オシャレな男性は、いざという時に頼れるような気がするというような女性の意見も少なくはないようです。実際には、ハンカチやポケットチーフなどの細かいアイテムにまで気を配れるような男性には、既に奥様がいたり、女性の陰があると言われますが、実際に大人の装いを目指す男性にとっては、身につけるアクセサリーとして、小物選びのセンスは、大変重要であると考えられているようです。皆さんは、自身のスタイリングを考える時に、どのような小物選びを行っているのでしょうか?既製品のどこにでもあるようなスーツやネクタイであっても、こだわりの小物を1品でも身につけている事で、オシャレ度は数段アップするとも言われています。それくらい、他人は自分以外の人々の所有物に興味をもち、チェックし、その人を分析しているとも考えられます。とはいいつつも、なかなかオシャレに気を配るには、お金も必要となる事ですから、まずは、清潔感を第一に、自分らしい小物アイテムをさりげなく身につけてみてはいかがでしょうか?比較的、価格帯の安めのハンカチやポケットチーフなどに、オリジナリティを出してみるのも遊び心があって良いものです。自身の身の丈のあったオシャレを楽しむように、日常的に身につける小物選びをしてみましょう。

「」サイトトップへ

カテゴリー
Uncategorized

好みのタイプの男性の所持品「革財布」

好みの男性のオシャレ度を計る為の尺度として、財布選びのセンスを掲げる友人がいます。ただ単に財布といっても、様々な選択があります。まずは、素材から言いますと、革財布、布財布、ナイロン、最近では、和紙を加工したような素材も店頭に並んでいたりもします。形から美緒比べていきますと、長財布、折りたたみ式(二つ折り、三つ折り)、マネークリップなど、ありますが、財布自体をもたいないというような人もいます。最近は、電子マネーやカード決済で済ませてしまうような人々もでてきましたので、外出の際に、財布の存在を厄介払いしているような人々もいるようです。友人としては、好みの男性を見極めるツールとして、財布のセンスが一番しっくりくるようなのですが、皆さんは、好みの男性の見極めとしての個人的な観点はありますでしょうか?たしかに、自分好みの腕時計やカバン、スーツを着用している人は、なんとなく気が合うだろうとは感じますが、なかなか財布までをチェッするには、それなりの親密なシチュエーションが求められるような気がします。友人としては、下着をチェックするまでの段階を踏む前の男性の財布のセンスのチェックは、抜かりなく行っているとの事でした。改めて、そのような視点からお財布のセンスを垣間見てみると、たしかに、その人なりの本質的なものがダイレクトに伝わってくるような気がするようなしないような気がしています。

「」サイトトップへ

カテゴリー
Uncategorized

革の札入れのポイント

スーツを着ている時なんかは、財布がかさばるとどこかかっこ悪く見えてしまうような気がします。
財布にレシートやカードを入れっぱなしにしてしまうと、それだけで財布の中身はパンパンになってしまいます。
そんな時に、札入れがあるとこれだけをスーツの内ポケットに入れておけば、スリムに外出することができると思います。
今回は革の札入れを作りとしたらどんなことがポイントになるのか、私なりにお伝えしたいと思います。
スリムな見た目のキーポイントは、刺繍の部分を控えめにし、さらに金具をつけないことでシンプルな構造にすることです。
そうしたところをシンプルにするかわりに、素材にはこだわって裏地をしっかり貼り、ラグジュアリーさを出すと良いと思います。
札入れのポイントでまず大切なのは、刺繍をポケットにはつけずにすっきりとした見た目を演出することです。
札入れに必要な左右のポケットには、裏地を貼ります。
この時に曲線のところは縫い合わせず、コバ磨きと圧着だけで作ります。
こうすることで糸によるデコボコがなくせるし、見た目も綺麗になります。
この時カードポケットを作る時にはポケットのサイドは、補強のために縫ってあげましょう。
コバ磨きの時に是非行って欲しい作業が、最後はロウを入れることです。
これを行うことでコバに艶やコーティングをすることができます。
できそうであれば、内外のパーツを貼り合わせる時には寸法を変えて曲げながら折ると、閉じ癖がつくはずです。
また、小さい手間ですが、貼り合わせたあとでパーツをカットするとズレがなく綺麗に仕上がると思います。
ぜひお試しください。

「」サイトトップへ

カテゴリー
Uncategorized

どういう作り方が一番良いだろうか

私は革財布に興味が湧いたことを皮切りに、レザークラフト業界に足を踏み入れたわけですが、そうなると色々なレザークラフトの製品を販売している専門店にもお邪魔をするようになるわけです。
その中でも気になったのが、東京都千代田区にある工房です。
まるで、どこか異国の地にワープしてしまったかのような不思議な空間が広がる工房が、なんだかいつでも居たくなるような雰囲気をまとっているのです。
ヨーロッパの伝統的な文化を思わせると同時に、店主の想いが反映された作品たちは、革財布をはじめどのレザークラフト製品もスタイリッシュな雰囲気を醸し出しています。シンプルでありながらも見た目の美しさを備えたものだからこそ、革本来の良さやその技術が反映され、美しい作品が出来上がると店主は言います。
そのためには小さな手間もしっかりとかけてやることが大切だと語ってくれました。
これらの美しい作品作りのコツや技術などを広める活動として、店主は教室を開いているそうです。
是非とも今度その教室に足を運んでみたいものです。
この店主の話を聞いて以来、また革財布作りに熱を入れようと思い、Bill Foldいわゆる札入れを作ろうと思いました。
今度材料を買って自分のこだわりの詰まったレザークラフト作品を作ります。皆さんも自分が一番最適だと思う作品作りをしていってくださいね。

「」サイトトップへ