皮からできる革製品

皮からできる革製品革製品の小物にこだわりをみせる際には、革の加工や素材について、多少の知識をもつ事が望ましいと業界の関係者はアドバイスを行う事が多いようです。同じようなデザインの革鞄や革財布であっても、素材の違いによって用途による特性が分別されるような事もある訳ですから、見た目のデザイン性の好みのセレクトも大切なポイントではありますが、革の加工方法によって変化してくる機能性を理解する事は、革の小物たちを長く愛用する上で、必要な知識となりそうです。革製品と言って、思い浮かべる動物は、どのような種類の動物になるでしょうか?最近は、動物愛護の観点から合皮製品も見直されてきてはいますが、革製品の醸し出す独特の風合いは、革独自のものであるのではないでしょうか。また、革製品を得るために、動物たちの命を頂くだけではなく、まず、人間が動物を食す上での革製品であると考える事で、私達がどのように革鞄や革財布に出逢っているのかを理解できるのではないでしょうか?革製品の原料皮となるものは、代表各の「牛」の他には、鹿、馬、羊、豚、バッファロー、ヤギ、ワニなどがあげられます。また、私達の身近なペットの犬や猫なども、楽器などに使用される事もあり、動物の皮は私達、人間の生活には欠かす事のできない必需品であるとも言えるかもしれません。牛をはじめとする、それぞれの動物の皮には、それぞれに適した加工を行う事で、風合いや製品のグレードを左右しています。同じ動物の皮であっても、その後の加工手順によって、全く別の素材を生み出す事もあるのです。ですから、皆さんが、実際に手に取ってその質感や感触、風合いを確かめる事で、その革製品の良さが初めて理解できるのであります。最近は、何でもサイトで商品を購入できる時代になってしまいましたが、革製品などは、是非とも店頭で直接購入して頂きたい商品の1つでもあります。

「」サイトトップへ